2×4(ツーバイフォー)工法とは

2×4(ツーバイフォー)工法(枠組み壁工法)

アメリカ、カナダなどで主に木造住宅の建築技法として発達した後、日本にも導入された工法です。

two1

建物を構成する床面、壁面、屋根面の枠組パネル(ダイヤフラム)の6面体の箱形に一体化したモノコック構造で強い剛性を発揮。

two2

力が一点に加わっても、面全体に分散させることで強さを発揮。

この工法は、数種類の規格木材を用いて組まれた枠組みに構造用合板などを止め金具及び専用クギを用いて打ち付けた床、壁パネルで6面体を構成することにより耐震性、耐火性に優れている建築工法であり、2×4(ツーバイフォー)工法と呼ばれています。

PAGETOP
Copyright © 日本都市開発株式会社 白河事業所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.